【電力自由化の切り替えはいつから?】マンションと一戸建の受付方法

電力自由化・新電力切り替えのHow To

電力自由化がスタートしたら、さっそく新電力会社へ切り換えようと考えている方もいると思います。

我が家ではできるの?と疑問に思っている方もいるでしょう。

 

新電力に切り替える際の手続きや期間、費用、集合住宅の場合など、気になる点を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

新電力会社を選ぶ

choise

切り換えのためには、まず、住んでいる地域で電力の供給を行う予定の企業を確認する必要があります。

資源エネルギー庁が登録事業者の一覧を公開しています。

 

資源エネルギー庁が登録事業者の一覧はこちら

 

各企業が、ホームページなどで様々な情報の発信を開始していますから、料金プランやキャンペーンなど、自身のニーズと照らし合わせて、契約する会社を選びましょう。

事前見積もりなど、情報を集めることが大切です。

 

新電力会社への契約切換の手続き方法は?

moushikomi

新電力との契約は、電話・インターネット・ハガキ等での受付が予定されています。

おおよその手順は以下の通りです。

 

①契約したい新電力へ承諾書を提出

承諾書には、契約内容や見積もり内容を踏まえて予測される電気料金等が記載されています。

 

②地域電力会社へ廃止申込書を提出

現在契約している地域電力会社へ、廃止申込書を提出します。

ここまでに必要な情報は

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先
  • 供給地点特定番号(電力の供給先を特定する番号。地域電力会社より通知予定)
  • 銀行口座・クレジットカードなどの電気料金支払い方法

です。

※見積もりのために、事前に過去一年間の電気使用料の明細の提出を必要とする会社もあります。

 

③スマートメーターの設置

新電力の契約をする際には電気メーターを従来のものからスマートメーターへと交換することになります。

作業日を相談の上、新たに申し込んだ電力会社ではなく、既存の電力会社から作業員が派遣されます。

(立ち会い不要、15分程度の作業)

※東京電力・九州電力管内以外の地域では作業時に一時停電するため、家電の動作確認のため在宅推奨。

 

スマートメーターでは、電力会社のデータベースから30分ごとに電力消費量のデータを受けとることができ、スマートフォンやPCから確認ができます。

スマートメーターの導入で、使用状況に合わせたプランの検討も容易になります。

 

④既存電力会社での使用量確定

スマートメーター設置後はじめての検針で、それまでの電力会社での使用量が確定されます。

検針のタイミングによっては、更に次の回の検針に持ち越される可能性もあります。

 

⑤新電力のサービス開始

検診日を境に、電力会社が切り替わり、新電力のサービス開始となります。

スポンサーリンク

切替にかかる期間は?

nouki

申込みを依頼し、上記の流れを経て実際に新電力会社から電力の供給が開始されるまでには、平均して2ヶ月、電力会社によって、1ヶ月~3ヶ月かかるとされています。

申込みから提供まである程度の期間がかかってしまうため、早い時期に切替を希望するのであれば、早めの申込みが必要です

 

▽申込み開始はいつから?

2016年1月上旬から多数の企業で事前申込みが開始され、2016年3月以降、正式な申込みの受付が完了予定です。

早期の申込みを希望の場合は、上記を目安に各社の情報をチェックしましょう。

 

切替にかかる費用は?

kirikae-ryoukin

電力会社の切り替えに際してコストが発生するのかどうかも、気になるポイントのひとつですね。

費用は基本的には無料です。

手数料やメーター等の設備費用、工事費用等は発生しないことになっています。

 

集合住宅でも契約できる?

gimon

今までは、大規模マンションなど、「高圧」の要件を充たしていてマンション全体で「一括受電」の契約を結んでいる場合のみ、PPSと呼ばれる新電力の利用が可能でした。

2016年4月以降は、現在戸別に電力会社と受電契約を結んでいるのであれば、マンションやアパートなどの小規模な集合住宅でも、前述したのと同様の手続きで新電力への切り替えが可能です。

ただし、すでに住んでいるマンションが一括受電となっている場合、新電力への戸別の切り替えはできません。

戸別の契約から一括受電、一括受電の契約を新電力へ切り替える等の場合は、個別のケースにもよりますが、管理組合等を通して住民が検討することとなります。

 

新電力への切り替えは難しくない

denki-gishi

新電力の切り替え手続きは、書面のやり取りが主で、費用の負担や機械の操作などは不要です。

集合住宅にお住まいでも新電力の利用は可能ですから、見積もりの利用やキャンペーンなどの情報をチェックして、実際の申込みに挑みたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ