【電力自由化とドコモのサービス】DOCOMOはいつから何を始める?

ドコモは電力自由化に参入するのか

電力自由化に伴って、すでに多くの顧客を抱えながらビジネスを展開している企業の多くが、電力小売り事業に新規参入します。

その中でも注目を集めている会社として、携帯電話とのセット割引を打ち出しているソフトバンクやauがあります。

いっぽう、これらの会社と合わせて携帯電話の「大手3社」などとされるドコモは、電力自由化がスタートする2016年4月時点では電力小売り事業を開始しません。

では、ドコモはなぜ電力自由化をチャンスととらえて新規参入しないのでしょうか。

また、今後ドコモが電力小売り事業を開始する可能性はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、ドコモが2016年4月に参入しない理由としては、各社のプランや市場動向を見極める狙いがあると考えられます。

ドコモはもともと通信回線サービスを独占的に提供していましたが、今では様々な会社がインターネット回線サービスや固定電話サービスなどを提供しています。

こうした通信における自由化が進められた際には、ドコモはシェアを守る立場にありました。

そのため、当初から積極的に他社との競争を意識した取り組みを行った実績があります。

 

いっぽう、今回の電力自由化では、ドコモの既存ビジネスのシェアが直接奪われるわけではありません。

そのため、先行する各社の状況を見て採算性などを判断しながら、電力小売り事業に参入するチャンスをうかがう姿勢だといえます。

今後ドコモが電力自由化に参入するとすれば、自社の既存ビジネスから顧客が流出するケースや、電力小売り事業の採算性が予想以上に良いケースなどが考えられます。

 

まず、既存ビジネスからの顧客流出については、ソフトバンクやauが電力小売り事業に参入することによって発生する可能性があります。

 

電力自由化がスタートすると、多くの人がよりお得な電力会社を探すことになります。

この際に、通信回線とのセット割引を提供しているソフトバンクやauのプランが人気を集めれば、セット契約をしたいがためにドコモとの契約を解消し、インターネットやスマートフォンの契約をソフトバンクやauに切り替える人が出てきます。

こうした動きが加速すれば、ドコモは既存ビジネスの収益性を確保すべく、電力小売り事業に参入する可能性が高まります。

 

また、電力小売り事業の採算性が予想を上回る場合については、世間での電力自由化に対する注目度が影響します。

電力自由化への注目度が高くなれば、それほど宣伝・広告費をかけなくても地元の電力会社から新規参入する会社に乗り換えてくれる人が多くなると考えられます。

このように低コストで算入できることがわかれば、採算性の高いビジネスであると判断される電力小売り事業にドコモが後から参入する可能性があります。

 

いずれにせよ、ドコモは電力小売り事業に全く関心を示していないわけではありません。

あくまでも2016年4月からの参入はしないということです。

そのため、ドコモから電力を買いたいと考えている人は、2016年4月以降のドコモの動きに注目しておきましょう。

スポンサーリンク

ドコモが参入する場合のプランとは?

ここでは、もしドコモが電力小売り事業に参入する場合に提供される可能性のあるプランについて考えます。

最初に考えられるプランとしては、ソフトバンクやauが提供しているような、通信回線の契約とセットで割引になるプランです。

このプランは、ソフトバンクやauに通信回線契約を奪われないための、いわば「守り」のために電力小売り事業に参入する場合に考えられるプランです。

 

ほかに考えられるプランとしては、地元の電力会社などと連携する形で提供する、電気単独で契約できるプランが挙げられます。

2016年4月からソフトバンクやauが提供するプランでは、通信回線とのセット契約が求められています。

これらの会社との差別化を図る目的があるなら、電気単独でも契約できるプランが提供される可能性があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ