【電力自由化で何が変わる?】新電力の1から10までの簡単なまとめ

2016年4月からの全面解禁で、何かと話題に上ることも多くなってきた電力自由化ですが、断片的な情報も多く、全体像がつかみにくいと感じる方も少なくないのではないでしょうか。

電力自由化が始まると、具体的には何がどのように変わるのでしょうか。

スポンサーリンク

電力自由化で電気の購入が自由に

電力自由化とざっくりと言った場合、

「発電」

「電力の小売り」

「送・配電」

の3つの分野の自由化を意味します。

この中で一般家庭への影響の最も大きいのが、2016年4月にスタートする「電力小売りの自由化」です。

 

▽電気事業法の改正による規制緩和

電気事業法が改正され

  • 「電力の安定供給の確保」
  • 「電気料金の最大限の抑制」
  • 「電気利用の選択肢や企業の事業機会の拡大

を目的とした改正電気事業法が成立しました。

 

この改革の柱は、

・地域を超えた電力供給の拡大
・電力小売の全面的な自由化
・送配電ネットワーク利用の利便性向上

の三点です。

これまで、一般家庭では、電気事業法の規制によって、各地域を統括する1つの電力会社からのみ購入することができた電気ですが、

上記のような理念に基づく規制の緩和によって、「新電力」と呼ばれる新規企業の電力小売りへの全面的な参入が認められることとなりました。

 

これによって、携帯電話やインターネットのプロバイダーのように、複数の事業者が提供する料金メニューや多彩なサービスから、自身のニーズに合わせて自由に契約をすることが可能となるのです。

スポンサーリンク

電力自由化によるメリットがあるの?

では、電力自由化によって消費者はどのようなメリットを得られると期待されているのでしょうか。

 

▽電気代が下がる

まず、電気事業法改正の目的のひとつでもあった、電気料金の抑制が実現できると考えられています。

これまでは、各地域を統括する電力会社が市場を独占していたため、価格の比較をする余地がありませんでした。

しかし、電力小売りの全面自由化によって、より低価格な電力を求めて消費者は電力会社を乗り換えることが可能となるわけです。

 

これによって、これまでにはなかった価格競争が生まれ、電力業界全体で低価格化が起こる可能性があります。

更に、サービス競争が起こり、料金プランも多様化すると予想されます。

細やかに設定された時間帯別料金など、これまで以上にライフスタイルに合致した料金体系を選択することが可能となれば、電気代の節約へ繋げることが可能となります。

 

▽他のサービスと連動する可能性

電力小売の全面自由化によって、電力とは直接関係のない分野の企業が、電力小売りへの参入を表明しています。

これらの新規参入企業は、それぞれの企業の強みを生かしたサービスの展開をするでしょう。

この流れを受けて、従来の大規模電力会社も様々な企業との提携する動きを見せはじめています。

 

例えば、ガスやガソリン、通信料金などが割安になるセットプランや、ポイントサービスとの提携などをすでに発表している企業もあります。

賢く電力の購入先を選べば、電気代以外にも様々な面でお得にサービスを受けることが出来るようになるというわけです。

 

▽ポリシーに合わせて電気を選べる

電力会社を自由に選べるようになるということは、電力会社の企業理念や発電方法など、様々な面から企業を取捨選択することができるということです。

例えば、環境に配慮したクリーンエネルギーや再生可能エネルギーでの発電に力を入れている企業を選ぶ、原子力発電には反対の立場なので、原子力発電以外の電気を選ぶといったことや、特定の地域の企業を支援する目的で電気を購入するといったことも可能となるのです。

 

▽デメリットは?

一方で、

・電力の供給が不安定になるのではないか?
・新電力の競争力不足による倒産でサービスが受けられなくなるのでは?

など、不安の声も上がっていますが、

電気使用量と発電量のバランスを調整して地域間で電力を融通するシステムや、新電力の発電所から電力供給ができなくなった場合に、地域電力会社から電気が供給される仕

組みが整えられていて、電力の供給はこれまでどおりの質で受けられるようになっています。

 

新情報に注目を

電力自由化によって、私たち消費者が受けられる電力サービスは大きく変化します。

様々な企業が電力小売りに参入し、新たなサービスを次々と打ち出していくでしょう。

自分で電力会社を選ぶために、情報の収集が欠かせない時代になると言えます。

電力自由化による変化が豊かな生活に繋がるよう、これからの情報にぜひ注目していきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ