【電力自由化とオール電化】エコキュートは使用量が多いとお得?

電力自由化とは、2016年4月から、一般家庭向けに地元の電力会社以外が電力の小売り事業を行えるようになることです。

 

自由化されるまでは地元の電力会社による事実上の独占状態でしたが、電力自由化によってガス会社や石油会社をはじめ、さまざまな企業が電力小売り事業に参入します。

独占状態であれば競争が生じなかったのに対して、自由化されて複数の会社が競合するようになると、価格やサービス面での競争が活発化することが期待されます。

こうした競争の活発化によって電気料金制度が変化すれば、オール電化にしていたり、エコキュートを活用していたりする家庭にはどのような影響があるのでしょうか。

 

自分の家庭がオール電化やエコキュート利用に該当するなら、電力自由化に伴う影響を把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク

オール電化に対する影響

eco-kyuto

まず、オール電化にしている家庭では、電力料金の割引の恩恵を受けやすいといえます。

というのも、新たに電力小売り事業に参入する企業の多くは、電力使用量が多い家庭向けに、よりお得なプランを提供していることが多いからです。

 

これには理由があります。

電力小売り事業はそれほど利幅の大きいビジネスではありません。

そのため、ビジネスとして成立させるためには、顧客単価を上げることが望ましいです。

 

結果的に、電気の使用量が多い顧客に対しては割高な料金を支払ってもらい、使用量が多い(=顧客単価が高い)家庭には割安な料金を提示して自社から電力を購入してもらう取り組みを各社が行っています。

 

一般的に、オール電化の家庭では、ガスを使用しないぶん、電力消費量が多めになります。

そのため、使用量の多い家庭向けの割引が活用しやすく、電気代の削減につながりやすいといえます。

 

オール電化の家庭では電力自由化に伴って新規参入する企業を含め、使用量が多い家庭でよりお得になる会社やプランを選択しましょう。

ただ、各地域で電力小売り事業に参入するガス会社のプランについては、ガスとのセット購入で料金がお得になるプランが中心です。

 

そのため、オール電化でガスを利用していない場合には、ガス会社が提供するプランを選択しづらくなるデメリットはあります。

 

とはいえ、オール電化にしていることでそもそもガスの基本料金を支払わずに済んでいることなどを考えると、電力自由化に際してオール電化の家庭が大きく不利になることはありません。

 

スポンサーリンク

エコキュートに対する影響

eko-genri

では、エコキュートを導入している家庭にはどのような影響があるのでしょうか。

 

エコキュートを導入している家庭では、地元の電力会社と深夜電力が割引となるプランなどの契約をしているケースが多くあります。

ところが、電力自由化で新たに小売り事業に参入する企業は、基本的に電力使用量が多い家庭ほどお得になるプランを提供しています。

そのため、深夜に割安な電力を使いたい場合は、地元の電力会社との契約を継続することが有力な選択肢となります。

 

ただし、深夜に使う電力量だけではなく、日中にも多くの電力を使う場合には、電力会社を切り替えたほうがお得になる可能性もあります。

新規参入する会社の中には、通信サービスなどとセットで契約すればお得になるプランを提供しているところもあるので、自分の家庭の支出を総合的に判断して、よりお得になる会社を選択しましょう。

 

また、電力自由化に伴って新規参入する会社に対抗し、地元の電力会社が新たな割引プランを提示する可能性もあります。

 

そのため、それほど大きく料金見積もりに違いがないなら、エコキュートの利用によって受けている割引の恩恵を考慮したうえで、現在の電力会社を継続したまま様子見をすることも選択肢の1つといえます。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ