【エコキュートと電気給湯器】本当に電気代が節約できるのはどっち?

電気代がかかるんじゃ…エコキュートのお話

オール電化住宅などで普及が進んでいるエコキュートですが、どのようなものかご存じですか?

今、正に、導入を検討されている方もいるかもしれませんね。

 

電気でお湯を沸かすなんて、電気代が跳ね上がるんじゃ…。

 

そんなイメージの人もいるかもしれません。

エコキュートとは一体どんなものなのか、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

エコキュートを上手に取り入れよう

eko-genri

エコキュートとは、空気中の熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った電気給湯システムです。

深夜帯の安い電力を主に利用します。

 

エアコンの室外機にタンクが繋がったような形状を想像していただくと、イメージとしては近いのではないでしょうか。

エコキュートは、「エコ」の名前の通り、上手に使用すれば環境にも家計にも優しく、快適な生活を実現してくれます。

 

しかし、メリットだけではなくデメリットも…。

どんなメリット・デメリットがあるのか、電気給湯器とは何が違うのか。

そして、エコキュートの上手な節約法とは。

正しく知って、エコキュートを大いに活用しましょう。

 

エコキュートのメリット・デメリット

merit-demerit

エコキュートの導入を検討する際にぜひ知っておきたいのが、エコキュートにはどんなメリット・デメリットがあるのかということです。

以下にまとめてみました。

 

  • エコキュートのメリット

ランニングコストが圧倒的に安い

エコキュートに採用されているヒートポンプ方式(コンプレッサーで大気のから熱を取り入れ、熱エネルギーをつくる)では、運転に必要な電気エネルギーの3倍の熱エネルギーを得ることができます。

そのため、都市ガスに比べて6分の1、従来の電気給湯器と比べて3分の1程度まで給湯にかかる費用を節約できると言われています。

 

火を使わないため環境に優しく、安全

火を使いませんので、二酸化炭素を排出しません。

また、臭いや煙も出ませんし、ガス漏れや不完全燃焼による事故の心配もありません。

 

補助金制度などの優遇がある

エコキュートはオゾン層を破壊する冷媒を使わず、二酸化炭素も排出しません。

エネルギー効率もよく、二酸化炭素排出量削減に貢献をしているため、環境に配慮した設備の普及を促進する国や市町村の補助金を受けることができます。
多機能型のタイプがある

エネルギー効率の良さを生かし、給湯だけでなく床暖房や浴室暖房等ができるタイプが、エコキュートにはあります。

多彩な機能を検討できるのは、新築やリフォームの際には嬉しいですね。
災害時に役立つ

地震などの災害で断水した場合、タンク内の水を生活用水として使うことができます。

タンクに非常用のコックがついているタイプも。

 

  • エコキュートのデメリット

場所・スペースが必要

エコキュートには貯湯タンクがあります。

各メーカーで形の工夫はしていますが、設置するためのまとまったスペースは必須です。
冬に効率が落ちる

空気熱を利用するため、冬場は効率が落ち、ランニングコストが高くなります。
低周波騒音の原因になりうる

深夜帯の電力を主に利用するため、設置条件によっては、ファンの回る音が近隣への騒音になる問題が指摘されています。
他の給湯器よりも初期費用が割高

エコキュートは、他の給湯器と比べると製品の代金や工事費用が割高です。

ただし、補助金などもあり、使用時のコストも低く押さえられるため、長期的に見るとデメリットとまでは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

エコキュートと電気給湯器は何が違う?

whvsECO

オール電化を考えている場合などには、エコキュートと電気給湯器で導入を迷う人も多いようです。

エコキュートと電気給湯器は、夜間の安い電力を利用して給湯するという点で共通しています。

 

しかし、二つの間には大きな違いがあるのです。

その大きな違いとは、「お湯を沸かすための熱を作る方式」です。

電気温水器は、電熱ヒーターを使って水を温めます。

この方式は、非常にたくさんの電力を使用します。

 

それに対してエコキュートは、前述したように空気中の熱を取り出して利用する「ヒートポンプ」という方式を採用しています。

この方式は大変エネルギー効率がよく、一般的な電気給湯器と比べると3分の1程度の電力で済みます。

販売価格の面でも、両者の間に差があると言われていました。

 

しかし、近年ではエコキュートも価格競争が進み低価格化が進んでいます。

市場価格でエコキュートは工事費込み30万円前後~、電気温水器は15万円前後~。

補助金なども併せて考えると、問題にするほどの差ではなくなってきていると言えるかもしれません。

 

上手に使おう・エコキュートの節約方法

ランニングコストがとても低いとされるエコキュートですが、使い方を誤れば、電気代が高くなってしまうこともあります。

エコキュートの使用で高い電気代がかかるのは、主に日中にお湯が足りなくなって沸き増しが必要になった場合。

それを踏まえて、以下に、エコキュートを使用する際の節約ポイントをまとめました。

賢い使い方で、電気代の節約を目指しましょう。

 

①使用状況でモードを使い分ける

エコキュートは通常の運転であれば「おすすめ省エネモード」に設定することで、最も省エネになるように作られています。

しかし、頻繁にお湯が足りなくなるなど、省エネモード設定が実際の使用状況にそぐわない場合は、季節や状況に合わせて小まめに設定を変更することが節約に繋がります。

 

②昼間の自動沸き増しを停止する

その日にもうお湯を使用する予定がなくなった時点で「自動沸き増し機能」を停止しておくことで、電気代が割高になる深夜帯以外にお湯を作ることを避けることができます。

タンクの湯量が少なくなると自動で日中に沸き増しをする「自動沸き増し機能」がついているエコキュートは、その日にもうこれ以上お湯を使わないという場合は、その日の昼間の自動沸き上げを停止することで余分な電気代をかけずにすみます。

 

③電気料金の設定に合わせて使用する

深夜帯の電気料金が安くなるプランでは、日中も単価が変動します。

お湯を多く使う予定があるときには、単価の高い時間帯を避けて沸き上げをしましょう。

ピークカット設定のできる機器であれば、プランに合わせてきちんと設定しましょう。

夜間帯の時間設定もきちんと確認して、割引時間帯を有効に活用しましょう。

 

④節水する

お湯の使いすぎに気を付けて、沸き上げの機会を減らせば、当然使用電力を減らすことができます。

 

⑤休止モードを使う

まとまった期間家を空けるような場合は休止モード設定をしましょう。

不在時の無駄な運転を止めることで、電気代の節約になります。

 

正しく使えばエコキュートは電気代にやさしい

danjo

いかがでしたか?

エコキュートにはいくつかのデメリットもありますが、様々なメリットもあります。

中でも、使用電力の低さは魅力的ですよね。

賢く利用すれば、更に電気代を低く抑えることも可能です。

家計にも環境にも優しいエコキュートと、上手にお付き合いしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ